とあるT君の釣り日記

管理釣り~色々な釣りを体験してみたい。

ショートロッドを好むT君の釣り日記です。
渓流中心のブログに成ります。
ヤマメ、岩魚、ニジマス、その他釣りを書いて行きたいと思ってます。
興味のある方はご覧下さると幸いです。
過去の記事から書いて行きたいと思ってますので宜しくお願い致します。
その他も過去の記事書きます。
前後しますが、宜しくお願い致します。

渓流ベイトフィネス

前回3人で釣りに行ったが、全く釣りきれず。

師匠に誘われたのを機にリベンジを兼ねて釣りに行くことにした。

昼から釣りみたいなスローペースだが、暑さを考えたら妥当かも知れない。

後、またラインを巻き変える時間がなく玉に成った部分から切って再接続した。

リーダー部分も以前のまま。

橋の上から見てると水量半端ねぇ!

LINEで師匠に連絡をして到着を待つことに。

色々話して、師匠が上流目指そうと話が纏まり上流へ移動。

上流目指す事にした。

二人の釣りを見てると、まさに管理釣り場に似てる。

なので、今回はベイトで飛ばせる500円位で手に入れた新品のクランクを使う事にした。

要は、水深の無いところでも如何にデッドスローで巻けるかを考えてやってみた。

いけるはず。

師匠は、極小ヤマメをいきなり釣り上げた。

自分は、そのヤマメが余りにも小さかったので煮干しかと思って仕舞ったが。

小型ルアーとサイズが変わらなかったw

貴重な一本。

また師匠は、煮干しサイズのヤマメを釣り上げた。

その後、自分が例のクランクでばらした。

貴重な一本を…。(移動中交換シングルフック1本しか付けてない)

ばらした魚は、煮干しサイズでは無かった。

師匠の魚よりも大きいw

15~20cm位だった。

師匠が使っていたルアーは、最近の新しい奴で小型で2.5g程しかない。

自分が好きなメーカーのルアー、ヒントは自分がお気に入りの渓流ベイト竿のメーカーですね。

ベイトだと投げれない事は無いが、糸ふけやバックラッシュが時々起きている感じだった。

自分は、小粒のクランクでも3.5g有ったので略トラブルは避ける事が出来た。

↑これで

3gのミノーを試すが、新しいルアーを使って無いためか全く追って来る気配さえない。

流れが兎に角速いので、4.4gのミノーとクランクを使い分け魚に挑む。

やや臼濁りの為、ややアピールの良いルアーを多様してみた。

師匠のロッドは、5.4フィートくらいで若干長く自分は逆に3.2フィートのショートロッドなので、師匠の攻め残した後をミノーで攻めていた。

すると!

良型のヤマメかと思ったら虹鱒。

アブレボMGXtreme入魂完了!

師匠にすかさず流石管釣り王と云われて次こそは、ヤマメを釣ってやると🔥🔥🔥闘志に火が着きました。

確かに管理釣り場には、日記に更新して無いけど沢山数多く行ってます。

流れが有り臼濁りでイワナを期待していたがイワナは顔を出さない。

師匠が3匹目掛けた。

また煮干しサイズだが、ウグイって奴。

大分ならイダって言う魚ね。

師匠と同県人なので、イダで通用する。

そう言えば以前ウグイ釣って師匠に云われた事がある。

ゲテモノ王って、それ今回ソックリ御返し致します。

ルアーが小さかったので、色々なチビッ子掛かるみたいだね。

例のクランクで試していたら、来ましたよ。

ヤマメじゃない。

でも師匠の魚よりも大きい!

虹鱒…。

本命来ないな…。

流れに乗り引きは強かった。

それから、アタリが途絶えた。

釣りも良いけどスマホで写真を撮る。

やたら真剣な師匠とか!

移動途中スズメバチの奇襲に有ったが、応戦してる内に余りにも😒💢💢しつこいので、ラバーネットで水面に叩き落としてやった。

ザマー!

黒い服装だったので熊に間違えられたか?

渓流釣りは、先行でピタリルアーがビンゴすれば釣果はあがるが、今回の水量と叩かれ過ぎて小物が多いみたいだ。

餌師のマナー悪い人達は、リリースサイズでも持ち帰る。

どうしてもルアーよりも餌師の方が数を上げる。

個人的に思うのは、餌釣りの期間を短くすべきだと思う。

ルールと云うものは、守れ無い奴の為に存在する。

むやみやたらに魚を捕れば、生態系も変わって来るだろうし。

因みに虹鱒は、上流の川に設けた釣り堀(川を仕切ってる)から流れて来たもの。

元々虹鱒は、外来魚なので有る。

人が養殖して逃げ出した虹鱒は、従来居たヤマメも喰らう。

ヤマメ以外もウグイやヨシノボリやアブラハヤとか補食してるだろうし。

ヤマメに限らず、凄い速さで水面下を逃げ回って居ると思われる。

一度、過去にベイトフィネスで20m先を打った2秒後に足元にルアーが来た事がある。

光る物が、いきなり近くに来て驚いたがヤマメも自分が居るのに気付いて慌ててルアーを口から離した。

実際下流から魚が上流へ一気に駆け上がって行くシーンも見られる。

想像するよりも速い。

まあ、外来魚と云うものの生まれは日本なので魚にとっては日本が故郷みたいなものだろうから、やたらむやみに外来魚駆除は許せる行為ではない。

因みに多摩川の鯉も略外来魚と云うのは駆除してる人も判ってる筈だか。

外来魚駆除するなら鯉も駆除すべきだろう。

鯉なんて外敵略居ないから、増えすぎて他の魚を食べたりする。

かなり生態系変えて居ると思うよ。

純日本本来の鯉は、少ない。

目立った魚ブラックバスとかの駆除とか許せない。

アイツらに罪は無い。

大幅に話が脱線しましたが、本日師匠が5匹と自分は2匹で終了しました。

ラストの方で、ラインが切れルアーが飛んで行って仕舞うトラブルが有り川に着水。

慌てて取りに行き探すが、小石と同化しており駄目か?って思ったら一瞬何か光った感じがして手を伸ばして川底を探ったらラインブレイクしたルアーを回収成功。

あれほど同化してたのに良く回収出来たなと感心して仕舞った。

自分は、本来居ない筈の虹鱒に救われボウズ回避出来ました。

魚に感謝ですね。

勿論今回もキャッチ&リリースしました。

(2018.08.25)

スピニングリールの剛性?

18フリームスで前回エイを釣り上げた迄は良かったが、反撃で巻こうとしたら左45度程一瞬湾曲して戻った。

話しは前回通り。

で、18フリームスはコスパは最高のリールで有るがボディの強度に疑問が残った。

色々考えていたら、18カルディアが気になり初めてきた。

18フリームスの型式

LT2500S-DH 巻取り長さ75cm ギア比5.3 自重220g 最大ドラグ力10kg nylon4lb-150m PE0.6-200m

18カルディアで同スペックで同じサイズのスプール搭載機は無いみたいだ。

で色々悩んだ挙げ句

18カルディアLT-2500を購入しました。

↑純正仕様

↑ハンドル部分交換仕様

↑ベアリングも追加可能(フリームスは追加不可)

詳しいスペックは、DAIWAのページで見て欲しい。

残念ながら18フリームスみたいなシャロースプールではない。

18カルディアLT-2500S有るじゃんと云われそうだが最大ドラグが、何故か5kgなので今回のエイみたいな奴だとドラグが滑りボディに負荷を掛けられずザイオンの強度も見れない。

因って、同じ条件でテスト出来ない。

スプール迄同じ物を用意出来たら最高なんだけど流石に投資する気に成らない。

因みに18フリームスのスプールは、使い回し出来ません。

後は、同じ様にエイを釣り上げる事が出来るか?だけど。←これ重要!

果たして思惑通りに行くかなぁ?

(2018.08.24)

フラットフィッシュ編まさかの?

久し振りに休みをとり千葉に行って来ました。

千葉に帰ると恒例の愛犬のシャンプーです。

じっくり洗ってやるので、1時間以上念入りに洗ってあげました。

洗う時は大人しいもので、楽です。

毛並みも綺麗に成り、不快な匂いもしなくなりました。

良い匂いです。(*´ω`*)

午後から釣りに行こうと思って居たので、今回狙うは、初サーフでヒラメです。

親父に誘われた事もありやってみるかなと思ってやってみました。(親父も初)

竿は今回急遽購入したメジャークラフトのCRX-1062Surfと云うロングロッドです。

組み合わせのリールは、18フリームス2500番のダブルハンドルを余ってたイグニスタイプRのシングルに変えノブは、コルクのやつにしてます。

サーフの釣りは、今回生まれて初めてです。

場所や勝手が判らず茨城の方に行って来ました。

立ち込む予定でしたが、ウェーダーみたら少し傷があり怪しいので普通に渓流で使っていた鮎用の釣り靴を履いて釣りをしました。

砂地は、兎に角歩きにくい。

波は高く、向かい風で飛距離伸びません。

思い切り投げたら、ルアーがとてつもなく飛んで行って仕舞いました。

地平線の彼方へ?

思い切りラインブレイク…。

ルアー2投でロスト。

虚しい( ノД`)…

少し濡れる気で、波の来てない?ところでやってるつもりが思い切り膝下まで思い切り波を被りましてジーパンが砂でザラザラで気持ち悪い思いをしながら釣りしてましたが、ダメでした。

飛距離が出ないしアタリすらないので、場所を変えてみました。

風がない所でしたので100m以上程巻いたラインが略出来ってます。

しかし、ここでも全くアタリも無くてこの日は、納竿。

親父も珍しくボウズでした。

竿とリールのバランスは良くて、1日振っても疲れなそうな感じです。

日頃ショートロッドを使っている自分でさえ振り回されずキチンとルアーの操作可能でした。

サーフの釣りは超初心者ですが、メジャークラフトの竿は、お薦め出来るタックルだと思います。

御値段以上ですね。

何か虚しいので翌日も違う場所に行きました。

兎に角何か釣りたい気持ちが勝り、色々と釣り道具を持って来ましたが、どれも不発。

引きを楽しみたいので、エイを釣るための餌仕掛けも持って来てましたが、親父がやってて一度アタリが有った位で全くアタリが無い。

親父もヒラメルアーやってましたが全くダメでした。

途中餌釣り仕掛けを作ってたら、日焼け防止の対策をした女性に声を掛けられ釣れますか?って聞かれましたが、全く釣れない事を告げると色々な所を釣りしてるみたいで、飯岡も釣れてないですねと情報頂きました。

自分は、因みに九十九里辺りの小さい川が流れ込んでいる場所でやってました。(地名よく判りません。後程調べてみます。)

女性はシーバスやってるみたいで、自分より明らかに知識がある感じでした。

出来るならシーバス釣りを教えて頂きたい位ですが、頻繁に千葉に行って無いのでまた出会う事は無いでしょう。

最近は、釣りガールとか海釣り多いみたいですね。

また昨日のタックルに持ち替え、色々な場所を探りやってました。

たまにボラ?みたいな魚が跳ねてますが、釣れる気配は有りません。

人は疎らで、誰も釣れてる感じがない。

思い切って誰も攻めて無い場所が有ったので、ソコが気になり親父に移動して釣りをしようと告げ移動しました。

地元の人も攻めて無いところをみると何かしら根掛かりとか起こりやすいところなのかも知れません。

足場は濡れており、余り先の方まで行けません。

ツルツルで踏ん張るのも、大変でした。

根掛かり覚悟で攻めてみたら、何と一投目で根掛かりしたみたいです。

マジかよ!って言ってシャクったらロッドにガツガツと魚の手応えが!!

いきなりスプールからラインが出され竿を立てるのもヤバイ引きを耐えてポンピングしながらリールを巻きましたが、出されたり巻いたりの攻防戦で中々近くに寄って来ません。

明らかに重さが有るが引いて行くスピードは速く有りません。

なんじゃこりゃ?

本命ヒラメ?

攻防戦を20分位してました。

しかし、全く浮いて来ません。

下に向かって走るので、ひたすら竿を立て耐えながら巻いてました。

テトラをかわす為、横へ横へ移動して取り込もうとした矢先ラインブレイクしてしまい。

魚も見る事も無く、逃げられて仕舞いました。

痛恨のミスです。

ラインを確認するとPE0.6号が摩れてました。

テトラの角に当たって切れてますね。

足元が滑る為、足元に気を取られラインの先迄見てなかった。

逃した魚は、大きいとはこの事かも?知れません。

しかし、場所が場所だけに取り込むには1人じゃ無理です。

寄せ波を利用しても無理だなと理解出来ました。

場所を砂浜の方に移してトライするも不発。

ラインが出来って仕舞いラインが足りない感じでした。

このままでは、ボウズだからロスト覚悟でまたラインブレイクした場所に戻りました。

何投か投げながら、横移動しながら探り入れてましたら、ガツンと来ましたので合わせ入れましたがバレて仕舞いました。

ルアー見ると歯形みたいな後が付いてましたので明らかにヒラメだと思います。

ヒラメは恐ろしい歯が付いてますよね。

魚体に似合わない歯が付いてます。

これは、期待出来ると確信して横へ移動しながらキャストを繰り返してましたら、ゴツ?最初体験したアタリとも違ったアタリが来て合わせたら、グイグイ沖に走ります。

スピードは無いが、確実にラインが出されラインが数巻きで全部出されてしまうので、反撃開始しました。

ドラグを少し締めポンピングで巻こうとしたら一瞬リールが左45度位しなり、リールシートから外れたと思いました。

あの一瞬の曲がりだとシマノの同番のリールだと折れていたかも知れません。

18フリームス2500番のLTリールでさえこの弱さ?

大丈夫なのか?

後々調べてみましたところザイオンと思ってましたら、DS5と云うカーボン樹脂素材みたいです。

ザイオン高密度カーボン素材に比べDS5は、カーボン密度少ない樹脂素材みたいです。

18カルディアLTリールのボディはザイオンみたいですね。

カルディアと価格差が同クラス7000円~8000円位の違いでしょうか?

安心を買う意味と後々のベアリング増し増し仕様にするなら断然18カルディアLTですね。

竿は、何とか耐えきれそう。

ハイギアのタイプは、自分的には要らないかなと?

しかし、シーバス辺りで使うなら80cm以上巻けるリールの方が有利でしょうね。

PE0.6号ラインも何とか耐えきれそうな感じがする。

後は、リールとルアーのフック耐えきれるだろうか?

課題は、2つだが何とかなるかな?

不安を抱えていては、釣れる魚も釣れないだろうし。

リール壊れたらDAIWAに文句を云うつもりで確実に釣り上げてやると思ってやってました。

竿は、良い感じで底に張り付く感じの魚を引き抜くイメージで積極的に立ててました。

メジャークラ最高!

振りもせず、メーカーの謳い文句だけで注文したが正解。

竿の長さを一段階長い竿にして正解。

この竿なら絶対捕れる。

左右に走ろうとするまだ見えない魚を竿でいなす。

攻防戦を繰り返し何とか浮かせたら!

コイツでした。

親父に3メートルのシャフトのネットで救って貰おうとしましたが、一瞬入ったけど引き波でエイはネットから出ちゃいました。

再度トライでルアーのフックがネットに引っ掛かりそのまま引き揚げて貰いました。

親父は波を諸に食らいずぶ濡れで、ご機嫌斜めでした。

原因は、色々な釣りに3日行って◯◯◯だからかな?

しかし、エイヒレ刺身にしましたがコリコリして美味しいですね。

煮付けも旨い。

ウチのマグロ好きな愛犬もエイヒレの刺身ねだってました。(グルメなワンコです。)

ちゃんとよく噛んで食べるので、味わって居るのかな?

引きが強くてまた行きたいですね。

病み付きに成りそうな釣りでした。

無事リールと竿入魂完了。

剛性の問題を抱えているけどタックルバランス振り疲れ知らずで良い感じでした。

2500番と3000番ってスプール違うだけでボディ同じですよね?

あれだけ酷評したドラグでしたが、今回のエイに対して悪く無かった。

大物対応ドラグなのかな?w

18フリームス2500番まだまだ使って行きます。

壊れるまで!

(2018.08.20)