とあるT君の釣り日記

ショートロッドを好むT君の釣り日記です。
渓流中心のブログに成ります。
ヤマメ、岩魚、ニジマス、その他釣りを書いて行きたいと思ってます。
興味のある方はご覧下さると幸いです。
過去の記事から書いて行きたいと思ってますので宜しくお願い致します。
その他も過去の記事書きます。
前後しますが、宜しくお願い致します。

竿立て増設

管理釣り場に久し振りに行くとあれもこれも使いたいと云う衝動にかられDAIWAのプレッソの竿立てを急遽アダプターにて、増やしてみました。

判りづらいかも?ですが、9本立てに成ってます。(過去に行った小菅TGで使用)

メーカーの設計を完全無視仕様に成ってます。

ただ単なるメーカーの増やし方だと、竿を立てるにも無理が有りますのでこの様に仕様変更で対処してます。

増設の竿立てをオフセットして下げております。

利点は、重心を下げる事により風に対する倒れ防止(安定性重視)とタックルの取り出しの良さ(スムーズ)を狙っており中々善い感じです。(突風や強風には無理かと。)

短所は、3本脚の開きを抑える工夫しないと、耐久性が著しく低下する点。

必要以上に開かない工夫しないといきなり壊れる可能性も有りますが、低予算で出来る筈です。(タイラップ等など)

お約束事ですが、同じ様な仕様にして万が一竿を破損させたりリールを傷つけても自己責任でお願い致します。

DAIWAとシマノどちらが善い?

お久しぶりです。

相当ネタは、有るのですが仕事が忙しくて筆不精と成ってました。

最近ですが、エリアトラウトに嵌まって仕舞い道具を色々試しておりました。

去年は、川越水上公園プールトラウトに初デビューして初日1日やって6匹~8匹位で終了しました。

去年の川越水上公園の釣果は、合計2000匹を越えてました。←何回行ってるんだ?

変化の少ないプールでこれ程難しいとは思ってもみなかったです。

プールトラウトをやり始めたのは、スプーンの巻きをキチンと覚えたかったからにほかなりません。

それまでは、何となく釣れた!ラッキー程度で自分の未熟さに嫌気が差してました。

しかし、渓流のベイトフィネスは割りと得意と成ってましたが。←本当か?

さて、タイトルのDAIWAとシマノどちらが善い?

いや2機種略同時に買っちゃいましたよ。

17ヴァンキッシュFW1000Sと17プレッソリミテッド2025C

17プレッソリミテッドは、現物回して吉◯さんで購入。

17ヴァンキッシュFWは、玉◯さんで注文して購入巻きは現物来て回したら最高で良かったです。

個人的にスピニングリールは、売値4万台以上は高い気がして手を出さなかったのですが、探究心が勝り。

ただの資料をかき集めて書いた様なブログやブロガーの情報に飽き飽きして、それなら自分が実戦で試してみようじゃないかと勝手に購入しました。

実際に使った印象を書いていこうと思います。

使用ロッド

バチプロmini48(ピンク)+17プレッソリミテッド2025C

バチプロmini48(ピンク)+17ヴァンキッシュFW-1000S

バチプロmini48(ゴールド)+14イグニスタイプR2003H

ラインは全てPE0.2(リーダーフロロ3ポンド)です。

バチプロmini48ピンクとゴールドでは、硬さが違います。

ピンクと黒がやや硬く、ゴールドとシルバーがやや柔らかいです。

ピンクと黒のバチプロmini48なら渓流ルアーにも使えると思います。

その他4Set(12カーデ、16スト、14月下美人、14イグニスtR2003H)

バチプロ使って縦釣りしてるのか?と突っ込み来そうですが、縦釣りは全くと言って良いほど出来ませんw

つうか出来ません( ノД`)…

バチプロmini48は、クランクとスプーンで普通に使っています。

硬めですが、最高に使える竿です。

何故そんなに本数有るのかって1本予約入れた後に2本を発売前に埼玉のとある上州◯で先行50本販売で購入出来たのです。

なので、普通に購入された方よりも早くエリアで使ってました。



使用ルアーは、以下の感じ

いつも全開本気仕様ですw

腕は、、、。

聞いたらダメでしょう。

さて、脱輪してますが本題に!

何?話し長いから答えを早く!って言ってるアナタせっかちですよ。

17プレッソリミテッド2025C

gear比平凡な1回転64cm+ハンドル長さ35mm使った感じ、確かに巻きが軽く魚の追従も関知出来る程高性能だが、魚掛けた後がバレた?まだ掛かっていたみたいな曖昧な感じで次回はハンドル長さを40mmに変えてテストしてみようとオークションで入札しました。

17ヴァンキッシュFW1000S

1回転67cm中途半端なgearだなと思って使ってみたが、ドンピシャ!

ハンドル長さ40mmでした。

巻き合わせ最高のリールと思いましたね。

このリールも魚の追従解る程の高性能です。

兎に角、巻き合わせだけで略決まる感じで14イグニスタイプR2003Hよりも使い勝手は善い感じ。(イグニスもハンドル長さ変えてみるかなと)

14イグニス2003ハイgearよりも魚の追従解る感じです。

個人的にライトルアーの巻きは、標準gearの方が判りやすい気がします。(個人差有ると思う)

後、軽さ160g台使い初めると200g台のリールは使い辛くなります。

今回使っているバチプロmini48も24gと27gですのでかなり軽い分類に成るかと。

質感は、17プレッソリミテッドかなと思う。

シマノのリールは、ドラグ部分16ナスキーからみんな変わらないような?

もう少し17ヴァンキッシュ細部に拘って欲しかったなと。

しかし、所詮双方淡水仕様なので個人的にソルトじゃ使う気に成れない。

シールの略無い淡水仕様は、耐久性全くないと思うし、毎回全分解しなければ塩噛みしたり内部のベアリング内部の錆を誘発すると思います。

ソルトなら16バンキッシュで十分でしょう。

DAIWAなら14プレッソかな?

余りにも17バンキッシュが良かったので、16バンキッシュも頑張って購入しようかなと検討してます。

16ヴァンキッシュなら今は4万前半で買える筈ですからね。

後、双方ダメだこりゃと思ったのが、ハンドルノブです。

握った時、どうも砂噛み?と云うかザラザラした感じに毎回摘まんだ時感じました。

風が有ったので、砂が飛散してたのかも?知れません。

飛距離は、14イグニスがよく飛んでました。

別日に、ピンクのバチプロmini48で飛ばした結果。

飛距離は、17ヴァンキッシュ、17プレッソ共に余り変わらず。

ライントラブルに関しては、全く問題なく使えました。

まだまだ終わらん?

禁漁日迄にどうしてもヤマメを釣りたいと想いが積もり川口の仕事を終えて、川を目指す。


前のブログで、3人で行ったのだがヤマメに巡り会えずシーズン終わるのは、余りにも虚しいので1人で向かう。


時間はもう15時近くで余り時間がない。


水量は、全く引いてる様子は無く逆に増えてる気がした。

色々な場所をショートロッドで、探るが反応は全く無い。


ショートロッドでしか、撃てないポイントを攻める。


流れも速く中々思うようにルアーは、泳いでないと推測。


餌師が攻められない膝下の僅かな空間を利用して撃ちまくる。


すると!

ヤマメ成らぬ岩魚が釣れました。


サイズは、小さいが引きは悪くない。

余りにも嬉しい一匹だったので、写真をスマホで撮りまくるが、表紙を飾る様な構図は取れない。

この後、無事にヤマメを釣り上げ終了。


写真撮りたかったのにスマホのバッテリー切れしたのか写真は、見つからなかった。(; ̄ー ̄A


(2016.09.26)